2009年02月06日

高学歴ほど進路変更はゆっくり大きく

特に大学院などに行き、高学歴になってから何らかの挫折をして、ドロップアウトなどすると、普通の人の挫折よりもショックが大きかったりする。
そういう人が、どうやって立ち直って行くべきか。
それには人より時間を必要とするという事をまず覚悟しなければならないと思う。

自分自身がそれまで高学歴になり、専門性を高めてきたのは、そこで大きな、長い期間の努力があったからに他ならない。
そこから、自分のやってきた専門から離れて、新たな道を探そうとするのであれば、自分が今までやってきた努力や時間と同等のモノが必要とされる事を覚悟しなくてはならないと思う。

例えば、何らかの学部を出て、院まで行き、その後挫折したというような人は、人生において方向展開をはかるなら、もう一度他の学部に編入するところから始めるくらいの、大きなより道をして進路を変更した方がいい結果が生まれると思う。

これは自分がある専門性の上に立っているという事は、その下にさらに大きな基礎があるという事で、挫折した後、焦って中途半端な道を選んで進むよりは、ちゃんと基礎からやり直した方が、将来的には大きな結果が望めると、俺は思うからだ。

例えば理学部を出たけど、本当は工学系に進みたかった、とかあるいはその逆のパターンであっても本人がそう思っている場合は、得てして後悔というのは後を引くものなので、中途半端に元の分野で就職するよりもアッサリと他の学部に編入でも何でもして、入ってしまった方が良いように思う。

また、働く前に学校という場所でしっかり進路変更をして、基礎からきっちりと作り直して行くという事も大事だと思う。

なぜならいきなり自分の元の専門分野以外の会社に勤める事は基本的に就職の条件をかなり落とすし、またそこで基礎がないまま就業を続けるというのも、かなり苦しい作業になり、先が見えるかどうかわからないからだ。

そうなってしまうよりは、新たな学部から初めてみたり、何か専門学校から始めてみたりする方が結局よい結果を生み出すように思う。

俺の周りでも大学院でのドロップアウト組、というのは何人かいたが、大体がドロップアウトした事で自信をなくし、派遣会社で勤めたり、アルバイトをして生計を立てたりしていた。
それではもったいない!と思う。

中途半端に変な方向に流れて行くよりは、潔く分野を変えて学校からやり直す。
これは一つのいい方法だと思う。





     




     
posted by 原始人 at 07:31| Comment(52) | 大学院でのドロップアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。